川柳といえば、サラリーマン川柳が人気ですが、他にも主婦川柳や犬や毛髪を題材にしたものなど様々なものがあります。変わったところでは、トイレ・マネー・団塊世代・OLなどいろんなものをテーマにした川柳が人気のようです。日常生活の気付きやウィットを取り込んで、面白いあなただけの川柳を作成しましょう!

明治からの川柳の歴史

川柳は、現在では第一生命のサラリーマン川柳などの
コンテストの募集なども多く、広く一般の人に
親しまれています。
時代を反映した、万能的なおもしろ川柳が増えたのが
人気の秘密でしょうか。

今日は、明治時代からの川柳の歴史について
調べてみました。
・歴史
明治35、6年になると阪井久良伎が現れて子規の短歌、
俳句改革の影響を受け、川柳改革の意識が高まる。
翌年には、井上剣花坊が新聞「日本」に<新題柳樽>欄を与えられ、これが大ヒット。
柳風狂句に代わる新川柳の勃興となった。
この二人を特に「川柳中興の祖」と呼ぶ。

現在では、「俳句」が口語を取り入れ、川柳の詩的表現を
求める者が文語に近づくなど、表現の表面上では俳句と
川柳の差がほとんどなくなってきたという部分もある。
現在、川柳界は社団法人全日本川柳協会のもと、大会、句会
を中心とする老人の娯楽的世界になりつつある。
新川柳が獲得してきた本来の、作者を表出する川柳作品は、
ごく一部の川柳誌が追求しているのみで、明治柳風狂句期
の句会至上主義とどこか似てきている。
その点で、「サラリーマン川柳」からブームとなった
一般公募による川柳は、投稿者も若年世代から老人まで幅広く、
一流の川柳家を選者とした公募川柳作品では、
単なる「語呂合わせ川柳」と呼ばれる域を越えて、
新しい表現分野になりつつある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

現代のサラリーマン川柳などは、一般大衆の”共感”が作品の
評価の基準になっているようです。
現代の世相を反映した、ウィットにあふれるブラックユーモアが
受けるのも、多くの共感を得られるからでしょうか。
まさに川柳は時代を反映する鏡のような存在ですね。
ちなみに2007年の8月25日は、川柳発祥250年の記念日だそうです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4406344

この記事へのトラックバック

にんにくの歴史
Excerpt: にんにくについて書いています。良かったら見てください。
Weblog: にんにくについて〜ザにんにく〜
Tracked: 2007-06-18 09:01

ずりゅずりゅしてた!!
Excerpt: 今までゴム付きでしかやったことなかったけど生ってスゲーのな!! なにあのチン棒に絡み付いてくる感触w 生だったから報酬7マンにアップしてくれたし、おれ丸儲けじゃんねwww
Weblog: 宮川次郎太
Tracked: 2010-04-24 10:47